ニュース一覧

七五三のお知らせ

古来11月15日は7・5・3の祝いといい、子供たちの健やかな成長を祈り、氏神様にお参りする美しい習わしがあります。
当神社では御守・福飴・記念品等を用意し、お子様のご成長をお祈りする特別祈祷を11月中奉仕致します。ご家族お揃いでご参拝下さい。尚、わかる範囲で該当の方々には10月中旬頃、郵送にてご案内しています。
また本年は11月11日(日)・15日(木)の両日 9:00~15:00の間に参拝予定の方は予約不要ですのでご都合のよい時間にお参り下さい。この2日間以外の日に参拝予定の方は、あらかじめ電話でご予約ください。

予約・お問い合わせ先
新庄八幡宮 社務所 TEL.086-472-5330

2018年10月16日

秋祭のお知らせ

平成30(2018)年の秋祭は10月13日(土)・14日(日)に執り行われます。
秋祭は正式には「例祭(れいさい)」といい、一年を通して神社で最も由緒ある大きなお祭りで、氏子の人たちが感謝の誠を捧げ、賑やかにお祝いします。

神社には二基の御神輿(おみこし)があり、味野(井戸・橋本・城・本村)と阿津(赤崎・阿津・中筋・駅前4丁目)の神輿で、それぞれの町内を二日間巡幸します。

町内巡幸後の14日の夕刻(16:00頃)、神社の「一の鳥居」前から競い合うように、ある時は接近し、ある時は間合いを取りながら勇壮に宮入りします。
宮入り後、境内にて餅・お菓子撒きを行います。

是非ご家族お揃いでご参拝の上、御神輿の迫力を体感してください。

2018年09月23日

来年(平成31年)の厄年について

来年(平成31年/2019年)の厄年の表を更新致しました。
尚、わかる範囲で該当の方々には12月上旬頃ご案内を郵送致します。
厄年・正月の祈祷時間について詳しくは「ご祈祷」のページをご覧ください。

2018年09月22日

7月29日の夏祭【わくぐり祭】について

西日本方面に進む台風12号が、29日に岡山県に接近、通過する模様です。
当社の夏祭【わくぐり祭】については、規模を縮小、または時間をずらすなどして実施致します。
 ・夜店については、例年の規模でできない可能性があります。
 ・境内の飾り付けについては、できない可能性があります。
 ・授与品については、当日以降も数日間は授与致します。
 ・人形(ひとがた)については、当日以降も受け付けます。
 ・境内の大きな茅の輪は、ぎりぎりに設置致します。

2018年07月28日

夏祭【わくぐり祭】のお知らせ

平成30(2018)年の夏祭【わくぐり祭】は7月29日(日)です。
境内の茅の輪がくぐれるようになるのは、祭典終了後の午後6時半頃の予定です。
当日は、わくぐり祭限定のお守り(ばべの枝に小さい茅の輪を付けたもの)も授与しています。是非ご参拝の上、お受けください。
氏子の皆様には、7月上旬に「人形(ひとがた)」を同封した案内を送付致します。
「人形」は神社にも置いていますので、ご入用の方はお申し付けください。

2018年06月20日

兼務社:田土浦坐神社 夏祭のお知らせ

平成30(2018)年の田土浦坐神社の夏祭は7月14日(土)・15日(日)の2日間です。
この時に授与される「火除札(ひよけのおふだ)」をご家庭でお祀りすると火事にならない、という言い伝えがあります。年間を通じてこの2日間だけしか授与されません。ぜひご参拝の上、お受けください。
火除札の授与は、14日は正午以降、15日は終日です。
詳細は新庄八幡宮社務所(TEL.086-472-5330)までお問い合わせください。

2018年06月20日

2018年版『まいられぇ岡山』のご案内

岡山県の神社・仏閣を巡るガイド『まいられぇ岡山』(主催:山陽新聞社)の2018年版冊子が完成致しました。今年もスタンプラリー、フォトコンテストなど皆様の参加をお待ちしています。
最新版の冊子は拝殿正面の賽銭箱の横に置いてありますので、ご自由にお持ち帰りください。

2018年06月20日

偽の御神札(おふだ)にご注意ください

「新庄八幡宮から来ました」あるいは「氏神様から来ました」と偽って御神札を配っている者がおり、氏子の方から当社に問い合わせの電話がありました。
新庄八幡宮が「伊勢神宮の御神札(神宮大麻)」と「新庄八幡宮の御神札」を配るのは年末1度だけであり、御神札を配布するのは新庄八幡宮の神職か、各地区の総代のどちらかです。間違って受けないようにご注意下さい。
おかしいなと感じたら、お金を渡す前に当社に確認の電話をする、身分証明書の提示を求めるなど対策をお願い致します。

2018年04月04日