『日本書紀』講座のご案内

令和2年は『日本書紀』が成立して1300年です。これを機に、山陽新聞カルチャープラザにて4月から「日本書紀を読む」と題した講座が開催され、当社の宮司が講師を務めます。

講座では、『日本書紀』を通じて、国の成り立ちや日本人がなぜお米を大切にするのか等、身近な事柄を例に分かりやすく解説していきたいと思います。古代の日本人が考えた日本国のあり方を、神話を通して一緒に考えてみましょう。

受講希望の方は、山陽新聞本紙(3月18日朝刊)、または山陽新聞カルチャープラザのホームページをご覧ください。

【講座内容】
講座名:「日本書紀を読む」
場所:山陽新聞カルチャープラザ 本部教室(岡山市北区柳町2-1-1 山陽新聞社本社ビル)
曜日・時間:毎月第3火曜日・13:30~15:00(令和2年4月21日開講、以降毎月1回開催)
定員:15名
受講料:6ヶ月 \9,000・3ヶ月 \4,500、教材費 \200/回

お問い合わせ先:山陽新聞カルチャープラザ  本部教室 TEL.086-803-8017

※どなたでも受講できますが、山陽新聞カルチャープラザへの入会が必要です。
 入会・受講申込は上記お問い合わせ先までお願い致します。

※新型コロナウィルス対策のため、開講に変更が生じる可能性があります。
 受講にあたっては山陽新聞カルチャープラザホームページ掲載のお知らせをご確認ください。

◎『日本書紀』とは?
養老4年(720年)に成立した、日本に伝存する最古の歴史書。舎人親王(とねりしんのう)らが編集した。神代から持統天皇(第41代天皇)の時代までの歴史を記す。全30巻。

2020年03月18日