新庄八幡宮由緒

拝殿正面の写真   御祭神

   誉田別尊(ほんだわけのみこと)

   足仲彦尊(たらしなかつひこのみこと)

   息長帯姫命(おきながたらしひめのみこと)






由緒

創立は大宝元年(701年)8月13日、豊前国宇佐の宮より勧請され、ここにはじめて鎮座の祭事を行った。当時の人々は創立鎮座の年月を記念して通常祭事を執行するのほか、必ず古式の神事を行うの例を存したという。そののち当社に災いあり、伝来の旧記悉く烏有に帰しその行事の例のみ存したが、戦乱の世に及んで古儀古式は紊乱してしまった。明治43年には塩釜神社、八柱神社、海神社、恵美須宮を合祀した。
当社は味野(井戸、橋本、城、本村)赤崎・阿津・大畠・田之浦の氏神様であり、新庄(元は新荘)の名は、本荘(宇野津・塩生・通生・下津井・吹上・菰池)に対しての新庄(味野・赤崎・阿津・大畠・田之浦)を言う。本荘と新庄に分かれたのは平安時代末期と考えられている。
正面参道石段を登りきったところの左右にある石灯籠は、土地の豪族で大庄屋であった富田屋(洲脇氏)が、宝暦9年(1759年)に寄進したものである。
参道中程にある〆柱は大庄屋であり、近郊の塩田を開発した野崎武左衛門(1789〜1864)の孫、武吉郎(貴族院議員・1848〜1925)が明治36年に奉納したものである。(碑文は厳谷修書)
新庄八幡宮の鎮座する山は海抜60m程の小さな山であるが、「赤崎新庄八幡宮遺跡」指定されており弥生時代中期の壺が発掘された。
本殿は入母屋平入千鳥破風(ちどりはふう) 向拝唐破風(こうはいからはふう) 銅板葺き 14平方メートル、文化2年(1805年)の建築、平成3年に大修理された。拝殿は入母屋平入千鳥破風 向拝唐破風 銅板葺き 93平方メートル、平成3年に改築された。



足仲彦尊は第14代 仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)
気長足姫命は仲哀天皇の皇后、神功皇后(じんぐうこうごう)であり、
お2人の子が、誉田別尊で第15代 応神天皇(おうじんてんのう)です。