境内配置イラスト
境内配置図
神輿庫
本殿
拝殿
随神門
社務所
富田屋灯籠
野崎武吉郎 〆柱
祓戸神社
若宮
塞神社
兵主神社
明治神宮
素盞嗚神社
金刀比羅宮
塩釜神社
遙拝所
ページのトップに戻る
本殿(ほんでん)
文化2年(1805年)の建築。入母屋平入千鳥破風(ちどりはふう) 向拝唐破風(こうはいからはふう) 総齣「り銅板葺き 14平方メートル、屋根に千木、鰹木を載せる。鬼板の上に鳥衾、「八」をデザインした紋を付ける。軒の下は二重垂木、二手先の組み物、蛇腹支輪。柱には獅子、獏、手挟の彫刻。平成3年に大修理された。
本殿
拝殿(はいでん)
平成3年(1991年)6月に完成した。入母屋平入千鳥破風向拝唐破風 銅板葺き 93平方メートル。以前の建物は瓦葺きで弘化2年(1845年)の建築だった。痛みが激しかったため昭和63年から3年をかけて本殿共々修造工事が行われた。
拝殿
随神門(ずいしんもん)
衣冠束帯(いかんそくたい)に剣と弓矢を身につけた武官姿の随神像を左右の部屋に置いた門。三間一戸の八脚門(さんげんいっこのやつあしもん)の形を持つ。2つの部屋の間を通り抜けて参拝する。随身とも書く。平成3年に修理。
随神門
神輿庫
神輿庫(みこしくら)
秋の例祭に氏子地区を巡幸する神輿2基を納める。平成3年に新築。以前は遙拝所の南側にあったが、規模を大きくしてこの場所に建てた。
富田屋(姓は洲脇)奉納 灯籠
宝暦9年(1759年)富田屋伝兵衛・富田屋和兵衛・沖塩屋喜三郎・松本□右衛門・洲脇佐右衛門・松本弥兵衛・仙田佐助・大黒丸平太郎
富田屋(姓は洲脇)は江戸時代初期から中期にかけて阿津に塩田を開くとともに阿津の港を中心に活躍した回船業者。もと紀州熊野の豪族の出。塩田開発は3代目、伝右衛門に始まる。
阿津(あつ)=児島の中の地名のひとつ。
西側灯籠
東側灯籠
野崎武吉郎(1848〜1925)奉納 〆柱
明治36年(1903年)
高さ4.5メートル、幅44センチ、厚さ33センチ
右(東側)の柱に「天壌無窮順帝之則」、左(西側)の柱に「春秋匪懈降民之哀」の碑文を刻む。碑文は明治を代表する書家、巌谷修の揮毫による。野崎武吉郎は野崎武左衛門の孫で貴族院議員であった。
天壌は窮り無く、帝に順うの則あり 春秋には懈るに匪ず、民に降するの哀あり
東側野崎〆柱
西側野崎〆柱
塞神社
塞神社(さいじんじゃ)
祭神 衝立船戸神(つきたつふなどのかみ)・八衢比古命(やちまたひこのみこと)・八衢比売命(やちまたひめのみこと)・猿田彦神(さるたひこのかみ)縁結び、安産、夫婦円満、女性が参れば良縁間違いなしと言われる。邪気の侵入を防ぎ各町のはずれに道祖神として、石碑が建てられ祀られている場合もある。
祓戸神社(はらえどじんじゃ))
祭神 祓戸の神
祓をつかさどる神。瀬織津比刀iせおりつひめ)、速開都比刀iはやあきつひめ)、気吹戸主(いぶきどぬし)、速佐須良比刀iはやさすらひめ)の四神をいう。罪・穢を祓い去る神々。
祓戸神社
若宮(わかみや)
祭神 仁徳天皇
”若宮”とは主祭神の子どもの神様を祀る場合が多い。つまり16代仁徳天皇のこと。
若宮
兵主神社
兵主神社(ひょうずじんじゃ)
祭神 大己貴命(おおなむちのみこと)
大国主神(おおくにぬしのかみ)の異称とされている。国土造成の神。

素盞嗚神社(すさのおじんじゃ)
祭神 素盞嗚命(すさのおのみこと)
農業殖産、疫病送りの神。建物は平成13年10月に信者により改築、寄進された。
明治神宮(めいじじんぐう)
祭神 明治天皇(めいじてんのう)・昭憲皇太后(しょうけんこうたいごう)
素盞嗚神社
明治神宮
金刀比羅宮
塩釜神社
金刀比羅宮(ことひらぐう)
祭神 大物主神(おおものぬしのかみ)
大物主神は天照大神の御弟、建速素盞嗚命の御子、大国主神の和魂神で農業殖産、漁業航海、に霊験があらたかである。
塩釜神社(しおがまじんじゃ)
祭神 塩土老翁(しおつちのおじ)
岡山県の南部、瀬戸内海地方は雨が少ない気候のため製塩業が盛んであった。児島は19世紀初期に野崎武左衛門が製塩業を始め、各浜に塩釜神社をおまつりしていた。

境内を上空から見る